まとめ・雑談・解説

【決定版】女ウケ最悪の車 オタク専用機をまとめてみた

まとめ・雑談・解説

女にモテない車をまとめてみた。
まずは女にモテない車に乗る車オタクの特徴を見ていこう。

女にモテない車オタクの特徴とは

とにかくエンジン・スペックに拘る。車選びの最重要スペックは「速さ」。

オタクはスペックに拘るのだ。
とりわけエンジンのスペックにとりわけ強いこだわりを持ち、最重要視スペックは「速さ」となっている。馬力・トルクが至上主義で「速い」=「最強」という思想が根付いている。
(そんなに急いでどこに行くのか、という疑問は誰もが持つだろう。)
またエンジン気筒数が多いほど偉いという思想も強く、主流になりつつある4気筒、3気筒エンジンについては親でも殺されたような恨みを持っているオタクも比較的多い。

そこまで彼らが車の速さにこだわるのはなぜか?
それは、車の性能を表す際に「分かりやすいスペック」だからだ。
車が持つスペックの力を借りて自身の存在価値を見出している彼らにとっては、誰が見ても「分かりやすいスペック」である方が都合が良い。
───最高速度270km/h、0-100km/h加速は4.5秒、400馬力・・・いかにも凄い車であるようなアピールをしていようだが車の良し悪しは速さだけではない。
静粛性、インテリアの質感、居住性、積載能力、など単純にスペックで比較できない部分が多い。

本当に魅力的な人間は車のスペックに頼らずとも魅力的なのである。
そこを理解できていない”浅さ”が女性に受け入れらない根本的な原因と言っても良いだろう。

車内の居住性は考慮しない。

インテリア・積載性・静粛性能など、車内の快適性については考慮しない傾向にある。
理由は簡単、他人を乗せる機会が少ないので居住性を考慮する必要がないからだ。
元々モテない人種が車オタクになると言っても良いだろう。

インテリアは無骨な方が良いという主張をしているが、一般的にはこれを無骨とは言わない、貧素だ。

スポーツカー以外の車(特にSUV)に対して一方的な敵対心を持っている。

SUVに対して一歩的な敵対心を持っている。「遅い」「コーナリングの性能が悪い」という批判を浴びせているようだ。
そもそも、SUVに乗っている人とスポーツカーに乗る人とでは車に求める要件が違う。
SUV乗りはスポーツカー乗りに対して批判をすることもないし、そもそも興味がない。
しかしオタクは一歩的にスポーツカーとSUVを対比し、スポーツカー至上主義を展開している。
ポルシェ・カイエン(ターボ)に代表されるようスポーツカーを軽く凌駕する性能を持ったSUVは多数あるが、彼らがその存在を無視している。
アウトドアの趣味を持ち、車に友達や恋人を乗せて楽しそうな「陽キャ」達に嫉妬してだけ、と考えるのが一般的だろう。

中古のスポーツカーに乗り続ける

ご存知の通りパワー重視の大量排気エンジンを搭載したスポーツカーの生産数は減少している。
SUVのような多目的な用途に使用できる車種が圧倒的な人気なのだ。
大量排気のエンジンを搭載したスポーツカーは今も販売されているが車両価格は上昇している。
車オタクは「今は発売されている魅力的な車がない。だから中古のスポーツカーを買う。」と口を揃えて言うが、過去のスペックを凌駕する魅力的な車は販売されている。
車オタクは車の価格は上昇にているのに対し彼ら自身の収入が上昇していない、という問題に直面している。彼らは新型のスポーツカーが買えないのである。
残念ながら彼らは経済的な理由で中古車両を買うしかできず、”彼らが、(買うことができる)魅力的な車がない”と言うしかないのだ。
彼らの自身のプライドを守るため過去の車を賛美し続けているのである。


以上が車オタクの定義である。

「車好き」という割には気に入らない車について文句を言い続ける謎

自称「車好き」オタクは、自らが好きなジャンル以外の車を批判することだ。
すでに書いたがSUV、ミニバンなど車種に対する偏見とVIPカーなど他の自動車カルチャーを敵対視している点だ。
本当に車が好きなら、どんな車だろうと認め合い尊重すべきだ。
オタク特有の視野の狭さと、幼い人間性が世間とのギャップを広げ続けている原因である。

車オタクがチョイスする代表的な車種

インプレッサ

THE KING OF オタク車両。キモヲタブルーで世界的に有名。
オタク乗車率100%。ブルーの車体に、金ホイールというオタクオーラ全開。
ボンネットに空いた穴はオタクだけが歓喜するデザイン。

ロードスター

カーセンサーの彼氏に乗ってほしくない車、ワースト3に選ばれた車https://www.carsensor.net/contents/editor/category_1585/_8114.html

下記にコメント抜粋。

夏は暑い、冬は寒い。雨が急に降ると面倒。排気ガスもイヤ
(大阪府・34歳・パート)
乗る人を選びそう。ナルシストなのかと思っちゃう
(神奈川県・31歳・会社員)
屋根を付けると狭そう。相手との距離が近すぎるのもイヤ
(岩手県・34歳・自営業)
色や形など、格好(外見)だけを重視していそうだから
(北海道・21歳・学生)

ランサーエボリューション

まさにスペック大好きなオタク人気車種。
オタクに惜しまれつつ、生産終了。
テール生えた巨大な羽が最高にクールだ。

スイフトスポーツ

200万で買える6MTで買えるスポーツカー。
経済的にオタクに愛される車種。


コメント

タイトルとURLをコピーしました